手打ちうどん 加賀屋

うどん 日記 食べ物


出先から住まいへ車で戻る途中、信号待ちをしていた交差点の前方に「手打ちうどん」の幟を出した小さなお店を見つける。夕方だったが暖簾も掛かっていたので早速寄ってみることにした:mrgreen:


10人も入ればいっぱいになる店内は、経営者と思われる若いご夫妻?だけ。男性の方は一生懸命麺を打っている。
メニューは温かいうどんと冷たいうどんが数種類ずつと、ご当地風のきのこ汁うどんなどで、値段も良心的。
きのこ汁うどんを注文してしばらく待つ。
ご主人が打ったばかりのうどんを釜に入れて、茹で加減をしきりに気にする様子もなかなか好ましい。真面目にうどんを作っていこうという姿勢が伝わってくる。


メニューには「小麦粉は国産100%」と書いてあったが、この辺の地うどんよりはやや白っぽい。コシは強いのはやっぱりご当地風か。付け汁の味はちょっと濃かったが、お肉も入っていて具沢山。うどんに絡めながら残さず頂いた:mrgreen: ちなみにきのこ汁うどんは600円。


埼玉県内のうどん店を紹介するブログなどにもほとんど載っていないこのお店、聞けば先月12日に開店したばかりとか。平日はランチタイムだけの営業だし、行くのが難しい部類の店だろう。
場所は通称「越生街道」の大橋交差点目の前。バスだと坂戸駅から大橋行きに乗って、終点で降り少し戻ったところだ。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは管理人の承認後に表示されます。時間がかかることがありますが、ご了承ください。