よからぬ連想するなYO

日記

今日も一日、例の本の荷造りに明け暮れた。

40部ずつ梱包してあって、2梱包を1箱にまとめてある。大口の納本先はこのまま送れば良いが、個別の献本先には1部ずつビニール袋に入れて送ることにした。カバーを作らなかったので、荷傷み防止の狙いもある。

当然ながら、ビニール袋に封入するのは手作業。単調な仕事だが、何となく楽しい…。学生時代の文化祭準備を思い出した。
でも、私が部屋で本を1冊ずつビニール袋に詰めている姿を知人に見られたら、「それ何てビ○本?」とか言われそうだなw

早めにジャケ写も作らないといけない。アマゾンの登録ができないのだ。


« »

頂いたコメント

  • このまま本の発表はされないのですか?どんなものなのかずっと気になっています。

    2010年8月29日 11:50 PM | ざんげ

  • > ざんげ様

    「新聞屋の道具箱」管理人です。

    内容は至極「堅め」の本です。
    ちょっと事情があって、内容の公表などが遅れています。
    数日の内には明らかにできるので、もうちょっとお待ちください。

    このブログのとあるカテゴリに関連した本です。

    2010年8月30日 12:04 AM | 管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは管理人の承認後に表示されます。時間がかかることがありますが、ご了承ください。