珍客がお出迎え

日記

20101102_akatonbo
夜遅く、拙著の発送で出掛けた郵便局から帰ってくると、頭上が何やら騒がしい。
音のする方向に目を向けると、共用廊下の電灯に赤とんぼが止まっている。音の正体はこれだった。

日中は寒さが和らいだのでお出ましになったのか…。でも、今日も日が陰ると結構な冷え込み。明かりと暖かさを求めて迷い込んだのかも知れない。

拙宅周辺で赤とんぼがみられるのも、あと少し。彼らも懸命に生きている。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは管理人の承認後に表示されます。時間がかかることがありますが、ご了承ください。