これ、鬼畜が過ぎるだろ・・・

お買い物 日記 街で見かけたもの

夜、団地の外れにあるショッピングセンターで当座のお買い物。
というか、「ここは旧ソ連か、それとも北朝鮮か」と言いたくなるくらい何も品物がない状況では、当座の生鮮食料品を調達するのがやっと。
加工食品類は品切ればっかり。

とりわけ驚いたのは、赤ちゃん用の粉ミルクまで買い占め対象になっていること。「1人1個しか販売しません」と書かれた張り紙がある売り場には、粉ミルクはほとんど残っていない。
赤ちゃんの栄養を最優先に考えたい保護者の心理を、どう思っているのかね。非常時には買い占めが付き物かもしれないが、赤ん坊の粉ミルクまで買い占めとは、鬼畜が過ぎるだろ。
怒りを通り越して情けなくなってきた。

高野連のセンバツ開催強行や、セ・リーグの25日ナイター開幕と根っこは同じ話で、我々の価値観、相当狂ってしまったらしい。
センバツの件、開催を強行すれば応援バスの燃料に使う軽油や、観客輸送の電車が消費する電力がいかほどになるか、いい大人なら想像はつくというもの。興行収入やテレビの放送権料、関連業界の圧力だけに目が行って、後々どういうしっぺ返しが来るか、また球児が世間から色眼鏡で見られがちになる可能性とか、端から考えていなかったのだろうな。
不純な動機で粉ミルクを買い占める輩と、頭の中の思考回路は一緒ってことか。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは管理人の承認後に表示されます。時間がかかることがありますが、ご了承ください。