ひねくれ仏像部だったのか

日記

初対面の方に「寺社巡礼が趣味」と自己紹介をすると、「仏像がお好きなんですか?」「仏像部の方なんですか?」と聞かれることがある。でも、これって本当の所は私にとって答えに窮する質問だったりするんだよな…。

私がいろいろな霊場を回るときは、仏像は鑑賞の対象ではなく、拝んだり話しかけたりする存在。なので、仏像の来歴とかは全然気にならない。むしろ、その土地土地の仏師様によって造られ、長い間地域の人たちの暮らしを見守ってきたという事実の重みを大切にしたいとさえ思う。なので、いわゆる「有名な仏像」にはあまり興味がわかないことも少なくない。

でもこれって、世間的には相当ヒネた仏像部員だよな。この前、某サイト系の観仏イベントに参加した時なんか拝む前に手を合わせたりしていたら一斉に白い視線浴びたもんねえ。
でも、スタイルを変える気なんざサラサラなかったりする。今の私にとって、お勤めの時間は自分を見つめ直したり、頭の中のモヤモヤを消し去ってリセットするための貴重な時間。年を取るごとに、この時間が自分にとってかけがえのない大切なものになってきているのだ。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは管理人の承認後に表示されます。時間がかかることがありますが、ご了承ください。