豆腐の蒲焼き ¥598-

日記 街で見かけたもの 食べ物

今度の金曜日は土用丑。今年は稚魚が不漁で、養殖ウナギの値段が随分と高いらしい。卸価格は昨年の倍ともいう。この時期、スーパーのお総菜コーナーにはウナギのかば焼きがこれでもかというくらい並ぶはずなのだが、今年は申し訳程度に並ぶのみ。本当に高いのだろうな。

で、ウナギの替わりに目立つ位置に陳列されているのが、ちょっと変わった食材を使った蒲焼き。近所のスーパーでは、豆腐の蒲焼きなる商品も登場した。潰した豆腐を開いたウナギのように成形して海苔で出来た「皮」を付け、蒲焼きのたれに浸して焼いたものらしい。「1匹」の値段は598円也。話のタネに買って帰ろうとも思ったが、どんな味かは想像に難くなかったので手を出せなかった。

で、缶詰コーナーで「さんまの蒲焼き」でも買っていこうと思ったら、こちらは既に品切れの由。みんな同じことを考えたということなのだろうな┐(‘~`;)┌

——————-

昨日のブログの件、忘れないように今日のうちに年賀状をカバンの中に入れておくことにした。当選したはがきには亡くなられた小林宏行先生からのものもあるわけだが、こちらは当然、交換には出さずハガキそのものを形見にさせていただいた。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは管理人の承認後に表示されます。時間がかかることがありますが、ご了承ください。