小銭払いが新鮮

日記

今日は家の用事で、台東区内にお出かけ。地下鉄の駅から用務先へはバスを使うことにして、駅近くの停留所でバスが来るのを待つ。

いつもの習慣でICカード「スイカ」の入った定期入れを手にしてバスを待っていたのだが、やって来たバスはICカードに対応しておらず、現金での支払いとなった。運賃は1回100円と他の路線の半分ほどの安さだったが、あわてて小銭入れから百円硬貨を取り出して支払った。

何でも区から運行を委託されている関係で、運賃制度などが他のバスと異なっているらしい。でも、よく考えると、都内を走る路線バスに現金払いで乗車するのは数年ぶりの筈で、ちょっと新鮮な感じもする。
ICカードの便利さに慣れてしまったせいなのだろうか。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは管理人の承認後に表示されます。時間がかかることがありますが、ご了承ください。