いつまで楽しめるのだろう

日記

20120912_flower

今年の6月以降、このブログにしばしば登場する、たまたまお参りに出掛けたお寺様で頂いた花の苗。もうすぐ秋彼岸を迎えるこの時期になっても、鮮やかな赤紫色の花を咲かせ続けている。

花の数も先月までは同時に1~2輪ずつだったのだが、最近は3輪以上同時に咲かせることが多い。今朝は水やりをしながら数えたら、何と5輪も咲いている。首からぶら下げていたスマホのカメラで、思わずパチリと撮影(;´д`)

どんな品種か気になったのでネットの園芸図鑑で調べてみたら、ペチュニアの中でも比較的湿った環境を好む品種のようだが、今一つ自信がない。苗を分けていただいた尼僧様からは「とにかく水を好むので、水やりだけは欠かさずに」と言われているのだが…。
実際に私がしているのも、毎朝せっせと声を掛けながら水やりするくらい。鉢に定植した以降は、肥料や活力剤の類も一切施していない。お寺から頂いた故の生命力なのか。

何はともあれ、もうしばらくは綺麗な花が楽しめそうだ。そういえば、苗を頂いたお寺様への御礼のご挨拶、まだだったよな…。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは管理人の承認後に表示されます。時間がかかることがありますが、ご了承ください。