やっぱり侮れぬ埼玉県立博物館

日記

久しぶりに「埼玉県立歴史と民俗の博物館」の公式サイトを見て、ちょっと驚いた。「新編武蔵風土記稿」の特別展が行われているのだ。

江戸時代後期に編纂されたこの文書、武蔵国内の寺院や霊場についての記述に富んでおり、寺院や霊場の縁起を調べるのに欠かせない資料だ。特別展でも、その関係の展示が多いようである。現在調べているいくつかの事項の参考になるかもしれず、ぜひ訪れたいと思う。

それにしても、博物館などの特別展で行きたいものがまた増えてしまった。優先順位をどうつけるかで、ちょっと頭が痛いのは、贅沢な悩みなのだろうか。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは管理人の承認後に表示されます。時間がかかることがありますが、ご了承ください。