ちょっと多すぎ?

日記

帰宅してポストを開けると、私が住む団地の昨年度の共益費決算書が投げ込まれていた。
この前もちょっと書いたが、昨年度も決算書を読む限りは、年間収入に匹敵する剰余金を残す超優良経営。階段照明の一斉LED化に伴う支出(大規模団地なので、軽四の新車1台分くらいになる)がなければ、繰り越し額はさらに増えたはずである。

共益費会計の収支は近所でもいろいろと話題になっていて、数年前にはわずかだが共益費が値下げされている。値下げしても剰余金が一向に減らないというあたりが、まあお役所(家主のURは独立行政法人である)体質というべきなのか。
個人的には、思い切った居住者還元策があってもいいような気がするのだけれど。高齢者が増えている団地なので、ソフト的にやることは多いはずなのだが。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは管理人の承認後に表示されます。時間がかかることがありますが、ご了承ください。