今年も円空展に

お出かけ 円空仏 日記

佐野東石美術館円空展の案内

先の連休に、今年8月26日の拙ブログで紹介した、栃木県佐野市の佐野東石美術館で開催中の円空展「円空 -慈愛と祈りから生まれた造形-」に出かけてきた。

玄関で靴を脱ぎ、スリッパに履き替えて所蔵品を鑑賞するこじんまりとした美術館の2階に、「迦楼羅」「護法神」「阿弥陀如来」など計8体の円空仏が展示されている。どの仏像もいかにも円空仏らしい優しいお顔で、眺めているだけで心が和んでくる。一角には田村進一画伯の「円空仏」も展示されている。

この美術館では、所蔵する円空仏の中から少しずつ展示内容を変えて、定期的に円空展を開いている。次回の円空展は、どのような展示になるのだろうか。

佐野東石美術館の円空展は12月14日(火曜日)まで開催中。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは管理人の承認後に表示されます。時間がかかることがありますが、ご了承ください。