寺社巡礼

隣町でプチ大師巡り

お出かけ わが町 寺社巡礼 弘法大師霊場 日記 送り大師

今日は月遅れの「お大師様の日」。

隣町の国道沿いに建つ観音堂で、毎年恒例のお大師様の御開帳が行われる日なので、今年もお参りに出掛ける。
例年同様、国道端に御開帳を知らせる赤い幟が立ち、地域の方がお参りに来る人を迎えている。


いつものようにお堂に上がらせて頂き、ご本尊の観音様の前でお勤めをさせて頂く。脇侍としてお地蔵様とお大師様が祀られており、今日は3体とも開帳されていた。

お勤めを済ませ、地域の方と雑談をしていると、このお堂から車で数分の距離にある真言宗豊山派のお寺にある大師堂でも、御開帳の行事があると教えて頂き、そちらにもお参りすることにした。

ここでもお寺の境内には御開帳を知らせる赤い幟が立ち、地域の方が茶菓の接待をされていた。
お堂に上げて頂いてお勤めを済ませてから、お茶をご馳走になる。隣町から来た旨を告げると、そういう人は殆どいないとのことで、ちょっと驚かれていた。
こちらのお寺には塩断ち地蔵も祀られており、そちらにもお参りする。金銅色の座像だったが、初めてみる様式でちょっと興味深い。

お参りを済ませると、お寺の方から、数キロ離れた場所にある個人持の大師堂でも御開帳が行われていると教えて頂き、今度はそちらにお参りすることにした。

教えて頂いた道順の通りに車を走らせると、少し先に赤い幟が立っている。ここかと思い車を近づけると、正解だった。
こちらの大師堂は、送り大師の札所でよく見られる形式のもので、3尺四方くらいの小さいお堂の中に、石像の大師像が祀られており、「第四番」「大正六年」などと書かれた扁額が掲げられている。

お堂を守る御家の方にお話を伺うと、「昔は地域を挙げての大師参りの行事があり、露天商なども出てそれは賑やかだった」と過去の様子を教えて頂いた。
年月の経過で文字は読みにくくなっているが、扁額には御詠歌と思しき文字も書かれており、先ほどのお話と合わせると、かつてはこの地域でも送り大師の風習があったものと推察される。

ただ、扁額からわずかに読み取れる御詠歌は、本四国霊場のものとは異なるようだ。
独自の御詠歌があったのか、或いは送り大師以外の巡礼が存在したのか。

調べてみたいとは思うが、資料が残っているのだろうか…。

安産にご利益のあるお地蔵様

お出かけ 寺社巡礼 日記 街で見かけたもの

今日はお花見を兼ねて午後からちょっとドライブ。以前から気になっていた、国道4号沿いにある小さなお堂にお参りしてきた。

このお堂は、国道と北関東自動車道が交差する地点の近くに建つ。

境内には滑り台などの遊具も設えられていて、地域の児童公園としても機能している様子。
向拝からお堂の中をのぞくと、本尊であるお地蔵様の頭部と思しき石仏のほか、脇侍に観音様も祀られている。
お堂の掲示によれば、十一面観音らしい。


お堂には、詳細な縁起も記されている。室町時代かそれ以前に建立されたお寺が、このお堂の起源のようである。
現在は地元管理のムラ堂の由で、年に2回お祭りが行われている由。安産にご利益のあるお地蔵様という。


建物の裏側に回ってみると、立派な干支の絵馬が掲げられている。毎年欠かさず奉納されているようで、地元に篤信家の方がいらっしゃるのだろう。

建物はもちろん、周囲も清掃が行き届いていてきちんと管理されている。
いつまでもお堂が維持されるよう願わずにはいられない。

大賑わいの地獄図御開帳

お出かけ 寺社巡礼 御朱印 御開帳情報 日記

 

3連休の中日に当たる13日は、朝から絶好のお出かけ日和。

前から気になっており、昨日(2019年1月12日)の当ブログでもご紹介した、栃木県栃木市西方町にある福正寺様で行われている、地獄図の御開帳に出かけてきた。御開帳は明日14日まで。

御開帳は本堂内で行われており、靴を脱いでお堂に上がると、中は結構な人出。正面に設えられたスクリーンでは、閻魔様をはじめとする十王様が、どのような役割を果たしているのかを、分かりやすく解説したお寺手作りと思しき動画が流れている。
動画はなかなかの出来。御開帳の折だけの公開では勿体なく、ネットで公開すればかなりの話題になるのではないだろうか…。

開帳された11面の地獄図は江戸時代の作との由。「地獄の沙汰」の様子が生々しく描かれているものもある。近くのお寺で貴重な仏画を至近距離からゆっくり拝めるのは、何より有り難い。

御開帳期間は、「閻魔」の期間限定御朱印をお帳面に頂くことができる。御宝印にはウインクした閻魔様が描かれており、なかなかユニーク。御朱印所は常に順番待ちの状況で、最近の御朱印ブームを改めて実感する場ともなった。

福正寺様では、2月10日(日曜日)、11日(月曜日・祝日)の両日、涅槃図の御開帳も行われるそうだ。こちらでも御開帳時限定の御朱印が頂けるとの由で、またお参りしてこようと思っている。

【御開帳情報】栃木市・福正寺で1月13・14日に地獄図御開帳

お出かけ 寺社巡礼 御開帳情報 日記

栃木県栃木市にある浄土宗・福正寺の公式サイトによりますと、毎年1月に行われている地獄図の御開帳について、今年は1月13日(日曜日)と14日(成人の日)の両日に行われるとのことです。

本尊・地獄図(福正寺公式サイト)

これまでは1日だけの御開帳だった由ですが、お参りの人が増え、休日の御開帳を求める声も多かったようで、開帳日数を増やして休日に行うことにしたとのことです。

御開帳の時には限定版の御朱印も頂けるとのことで、私も時間を作ってお参りしてこようと思います。

【埼玉・妻沼聖天】来年4月16~22日に本尊御開帳

御開帳情報 日記

埼玉県熊谷市にある「妻沼聖天山」公式WEBサイトによりますと、来年(2019年)4月16日から同22日までの1週間、妻沼聖天山歓喜院聖天堂(妻沼聖天)にて、御本尊である大聖歓喜天の御開帳が行われるそうです。地元熊谷市の公式サイトによりますと、本尊御開帳は23年ぶりといいます。

秘仏ご本尊開扉(妻沼聖天山公式サイト)

妻沼の聖天様には、聖天堂が国宝に指定された直後にお参りしたことがあります。聖天堂の彫刻は、それは見事なものでした。

今回の御開帳は、「御開扉浄願会の会費」を納めた人が拝観できるようですが、当日券の扱いもあるようです。
御開帳期間は長くありませんが、何とか都合をつけてお参りしてこようと思います。

久しぶりのお参り

お出かけ 円空仏 御開帳情報 日記

昨日(20日)は、栃木県鹿沼市の廣済寺様で行われている月例の円空仏御開帳にお参り。

観音堂に祀られている、円空仏の千手観世音菩薩にお参りするのは、本当に久しぶり。お話し好きの御住職とすっかり話し込んでしまい、お寺を出るときには日が暮れていた…。

廣済寺様の円空仏御開帳は、毎月第3土曜日の午後に行われる。
お寺の場所は下記の地図をご参照(国道352号からの入り口に、小さな案内看板あり)。
公共交通機関の場合、東武電車の東武金崎駅からタクシー利用が便利。

【円空仏開帳】9月9日に釧路・厳島神社で

円空仏 御開帳情報 日記

北海道釧路市の厳島神社で、9月9日に円空仏である薬師如来像の開帳が行われるそうです。

9月9日健康祈願祭(円空仏公開)のおしらせ(厳島神社公式サイト)

なお、円空仏を拝観できるのは、同日に行われる「健康祈願祭」で御祈祷を受けた人に限定されるそうです。

【円空展】9月14日から佐野東石美術館で

円空仏 御開帳情報 日記

栃木県佐野市にある「佐野東石美術館」で、9月14日(金曜日)から12月18日(火曜日)まで、「円空 -慈愛と祈りから生まれた造形-」が開かれるそうです。

佐野東石美術館・企画展のページ(佐野東石美術館公式サイト)

同館で円空展が開かれるのは、4回目。今回は、「護法神」を中心に、計8体の円空仏が展示されるとのことです。

佐野東石美術館は、車を使えば我が家からもそう遠くない距離。展示期間も3カ月余りと比較的長いので、期間中は一度足を運ぼうと思っています。

また、同じ栃木県内には、円空仏を北関東で唯一、毎月御開帳している鹿沼の廣済寺様もあります。一緒に巡るのもいいかもしれません。廣済寺様の円空仏御開帳は、毎月第3土曜日の午後となっています。

 

 

知られざる薬師霊場

日記 薬師霊場 霊場巡礼

ネットで調べ物をしていると、埼玉県上尾市の公式サイトに、蓮田市から上尾市、さいたま市にかけて「薬師坂東霊場」という薬師霊場が存在するという記述を偶然見つけた。

(上尾歴史散歩)谷津観音と御開帳(上尾市公式WEBサイト)

札所の数は32という。蓮田からさいたま市といえば結構広い範囲になるが、札所の詳細などは分からない。観音霊場はともかく薬師霊場だけで考えると、現在活動中の霊場でも埼玉県内のものは関東の他県に比べて情報が極端に少ないのだが、この霊場もまた然りだ。寅年の彼岸時期に御開帳をするとのことだが、そのような情報に接したことはない。

ただ、埼玉県内にある現在活動中の薬師霊場は、札元の熱意のみによって支えられているのが現実だ。この薬師霊場、現在ではお参りは難しいのかもしれない。

埼玉県立歴史と民俗の博物館で9月2日まで円空展

円空仏 御開帳情報 日記

夏休みに出かける場所を探そうとネットサーフィンをしていると、さいたま市の大宮公園にある「埼玉県立歴史と民俗の博物館」で、9月2日まで円空展を開いているのが分かった。

よくよく見ると、6月半ばには始まっていた由。この博物館は気の利いた仏像展をよく開くのだが、最近はWEBサイトをチェックせず、見落としてしまっていた。

今回公開されるのは、埼玉県内に祀られている円空仏の優品とのこと。
週末に1日くらいは時間が作れそうだし、大宮公園に足を運んで円空仏と対面してこようと思う。

< 1 2 3 4 5 6 7 >