サイトリニューアルの方向性

XOOPS 日記

今回はちょっとマニアックな内容。Web関連のお仕事に携わっていない人は訳分からん内容だろうが、ご容赦のほどを。

暇を見ながら、延ばし延ばしになっているサーバー移転とサイトリニューアルのテストを重ねている。
XOOPSサイトの引っ越しは何回か経験しているが、そのたびにかなり気を使う。
雑駁な言い方をすれば、新規構築以上に大変な感じだ。

今回のサイト移転は、私が管理しているいくつかのサイトのサーバーを統合して、管理経費を浮かすのが最大の眼目。
その点では待ったなしなのだが、気になっているのは当サイトのコンテンツ管理の方向性だ。

当サイトのコンテンツ管理は、以前にも書いたと思うが「XOOPS」というオープンソースのシステムを使っている。
ところが、最近はいろいろなオープンソースのコンテンツ管理システム(CMS)が出てきて、世間の関心はWordpressにフォーカスされているのは、Web関連のお仕事をされている方ならご承知の通り。

実は私が以前から管理している個人サイトでもWordpressで構築したものがあり、最近もWordpressを使ったWebの立ち上げをしているが、管理の労力はWordpressの方がはるかに楽。
企業サイトですら、Wordpressをコアにする例が増えているのも頷ける。サーバーの移行もWordpressの方が手軽だ。

正直なところ、XOOPSでコンテンツ管理を続けることの積極的な意義が見いだせなくなっているのも確か。
当サイトのように同一サイト内に複数のブログを共存させることも、現在のバージョンでは比較的簡単に行える。

以前とはコンテンツの閲覧傾向が変わってきたこともあり、サイトの構成の大幅な刷新も考えなければいけない。
取りあえず今回のサイトリニューアルは、XOOPS運用ノウハウ蓄積の強化を目的に現状のシステムで行うことにしたが、ごく近い将来のCMS切り替えも視野に置いておこうと思う。
その時に備え、「朱印帳」コンテンツのブログ化も検討を始めよう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは管理人の承認後に表示されます。時間がかかることがありますが、ご了承ください。