ありがたくない光と音のページェント

日記

梅雨が明けたと思ったら、いきなりの猛暑到来。熊谷の某百貨店に設置されている巨大寒暖計も、連日テレビに登場している。

猛暑とともにやってくるのが、毎晩のように繰り返される“光と音のページェント”…といっても花火ではなく雷である。
今夜も北側の空では絶えることなく稲妻が光り、時折激しい雷鳴も聞こえてくる。鴻巣に引っ越して間もないころは驚くことも多かったが、最近ではもう慣れっこだ。

でも、毎晩のように激しい雷に遭うのは、やっぱり気分のいいことではない。信号機に雷が落ちて電車が止まったりすることも珍しくないのだ。雷様、何をお怒りなんだろうか…。


« »

頂いたコメント

  • (´_`。)
    きちゅねです。。。

    2012年7月20日 8:19 PM | 狐

    • 一人芝居のきちゅねです。。。

      ジョウダンデスから…
      お忙しいなかでしょうから
      ご無理のないように( *´艸`)
      ごめんなさいね、チョッピリ…意地悪しちゃいました。

      2012年7月20日 8:21 PM | 狐

      • 狐さん、こんばんは。
        いつも返事が遅くて済みません<(_ _)>

        誕生日はこの歳になると(46歳になりました)、祝ってもらおうというよりこれまでお世話になった皆さんへの感謝の思いの方が強くなります。
        老眼の進行で加齢を実感するわけですが┐(‘~`;)┌

        2012年7月21日 12:33 AM | 管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは管理人の承認後に表示されます。時間がかかることがありますが、ご了承ください。