猿島阪東観音巡り(その5)

お出かけ 寺社巡礼 日記 猿島坂東三十三観音 観音霊場 霊場巡礼

猿島阪東観音霊場(猿島坂東とも呼ぶ)巳歳総開帳の区切り打ち2日目の続き。

7番札所 般若院

20130321_sashima07

6番さんを出て、来た道を戻る形で7番札所の般若院さまに向かう。現在は地区管理のようだが、広い境内がかつての寺格を偲ばせる。札所本尊は聖観音。境内の奥の方に観音堂があり、納経もそこで行っている。本堂には地蔵菩薩などを祀ってあるそうだ。
(境町志鳥1041=真言宗豊山派)

8番札所 東漸寺(仲山観世音)

20130321_sashima08

7番さんから北に進路を取り、8番札所の東漸寺さまに向かう。案内書やパンフレットには札所名を「東漸寺」としてあるが、実際の御開帳は少し離れた、飛び地境内にある仲山観世音で行われているので注意が必要。札所本尊は十一面観音。

境内ではお堂の周りに西国三十三観音を写したミニ霊場が設けられていて、多くの人がそちらにもお参りしていた。
(古河市仁連555-1=真言宗豊山派)

9番札所 久昌院

20130321_sashima09_01

8番さんからはこれまでと逆に南に車を進め、9番札所の久昌院さまに向かう。禅宗のお寺特有の小ざっぱりしたムードに包まれているお寺だ。札所本尊は千手観音。

こちらの展示物は、私がお参りした時点では未完成。
こんな看板が立っていた。

20130321_sashima09_02

黄門さま一行はあちこちで引っ張りだこということか。
一件落着後に到着して、どのような展開になるのか…。
(古河市山田503=曹洞宗)


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは管理人の承認後に表示されます。時間がかかることがありますが、ご了承ください。