道明寺鯛焼き

わが町 日記 食べ物

今日は朝から雨というか、「春の嵐」。自宅警備プチヒッキーを決め込んでいたのだが、1週間分の食材買い出しをせねばならず、同じ市内のショッピングセンターへ。いつも食べている地元で取れるお米の2キロ入り袋、ここでしか売っていないのだ。

ショッピングセンターの中の食品スーパーで買い出しを終え、エスカレーターで駐車場フロアに上ろうとすると「桜 道明寺鯛焼き」の幟が目に入る。面白そうなので一つ買ってみたw

20090314_taiyaki_1 20090314_taiyaki_2
見た目は普通の鯛焼きだが、よく見ると桜餅に使う塩漬けの桜の葉みたいなものが、鯛焼きの皮からはみ出している。切ってみるとごらんの通り、鯛焼きの中に桜餅が入っているという寸法。一見ミスマッチのようだが、鯛焼きの皮と桜餅の相性が良くておいしい。塩味が効いた桜の葉と鯛焼きの皮も意外に合う。

この鯛焼きは4月15日までの限定販売だが、私の暮らす街は、「いがまんじゅう」という蒸し饅頭を赤飯で包んだ和菓子が昔から親しまれている土地柄なので、ひょっとすると隠れた人気商品になっているかもしれない。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは管理人の承認後に表示されます。時間がかかることがありますが、ご了承ください。