武蔵国三十三観音巡り(その9)

お出かけ 寺社巡礼 日記 武蔵国三十三観音 観音霊場

武蔵国三十三観音巡りの続き。

19番札所 南川崎 普門寺

18番さんと19番札所の普門寺さまは歩いてもすぐの距離だが、一応車を移動させてお参りすることにした。

札所本尊の正観世音菩薩は本堂脇の観音堂に祀られている。本堂も観音堂も、堂々とした感じの建物だ。
何となくお寺全体が新しい感じがして、改めて納経帳に記されていた縁起に目を通すと、かつてこのお寺は同じ八潮市内の木曽根地区にあったが、中川の河川改修でこの地に移ってきたらしい。お寺に入って感じた雰囲気はこのためだったのだろう。ちなみに、納経帳の墨書印刷は「木曽根」のままだった。

(真言宗豊山派 八潮市南川崎440)

20番札所 鶴ケ曽根 宝幢寺

夕方近くになったが、統一閉堂時刻の夕方5時までにはまだ少し時間がある。御開帳が行われる11日間のうち私がお参りできる日数には限りがあるし、頑張って20番札所の宝幢院さまにお参りすることにした。

地元の方の誘導に従って車を止め、境内に入ると真新しい観音堂が目に入る。札所本尊の正観世音菩薩はこちらに祀られている。境内は草花が美しく、新しい造作も目立つ。御開帳に合わせてかなり境内を整備されたご様子だ。
各地の霊場を回っていると、札所となっている寺院仏堂では御開帳に合わせて境内や伽藍の整備を行うことが多いのに気付く。お寺様やお檀家さん、講をはじめとする地域の方々は相当前から周到な準備を進めているはずで、私たちはそれに感謝してお参りしなければならない。

1日目のお参りはこちらにで打ち止めとした。

(真言宗豊山派 八潮市鶴ケ曽根1819)


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは管理人の承認後に表示されます。時間がかかることがありますが、ご了承ください。