葛飾坂東観音巡礼記(8=完)

お出かけ 寺社巡礼 日記 葛飾坂東三十三観音 観音霊場 霊場巡礼

葛飾坂東観音巡礼記の続き。

22番札所 宝蔵寺

24番札所の円能寺さまを出て、案内板に従い22番札所の宝蔵寺さまに向かう。

幼稚園も経営されている大きな寺院で、祀られている仏像から鎌倉時代の創建と考えられているようだ。本堂と向かい合うように建つ観音堂で御開帳が行われている。札所本尊は聖観世音菩薩である。

こちらは布教に特に力を入れている寺院のようで、お茶を頂いた客殿にはいろいろな催しの告知が張り出されていた。掲示板にはご住職の略歴も張り出されていたが、民間企業出身の由で、その時の経験を生かされているのかもしれない。
(真言宗豊山派 茨城県古河市諸川342-1=地図

23番札所 長性寺

23番札所の長性寺さまは、宝蔵寺さまから目と鼻の先にある。車を宝蔵寺さまの駐車場に引き続き置かせていただき、徒歩で長松寺さまに向かう。

個人病院の敷地を回り込むように延びる路地を進むと、その傍らに長性寺さまのお堂が建っている。1間半四方くらいだろうか、小さなお堂の中に札所本尊の十一面観世音菩薩が祀られている。

観音堂の隣には、さらに小さな地蔵堂があり、観音堂とともにきちんと手入れがされている。地元の方の信仰がしのばれる。
(真言宗豊山派 茨城県古河市諸川430=地図

番外札所 永光寺

車を東に進め、番外札所の永光寺さまに向かう。駐車場から境内までは結構標高差があり、少し汗をかきながら石段を上る。

こちらも幼稚園を経営されている規模の大きな寺院だ。札所本尊は十一面観世音菩薩である。春には牡丹を目当てに多くの人がお参りに訪れるようだ。

こちらは北関東三十六不動関東八十八カ所(東国遍路)の札所にもなっている。北関東三十六不動には以前から興味があり、回り方などを教えていただいた。パンフレットのようなものがあるか尋ねてみたが、あいにく在庫切れの由だった。
(真言宗豊山派 茨城県古河市尾崎954=地図

21番札所 遍照院

車を北に進めると、街道沿いの広場に御開帳を知らせる幟が立ち、地元の方が車を誘導している。指示された場所に車を止め、路地を入った先にある21番札所の遍照院さまに向かう。

お堂は路地に面して建っており、その中に札所本尊の馬頭観世音菩薩が祀られている。葛飾坂東で馬頭観音を札所本尊にする唯一の存在である。

私は午歳生まれということもあり、煩悩を食べていただこうと念じながらお勤めしてきた。馬頭観音様に願いは通じただろうか。
(真言宗豊山派 茨城県古河市尾崎880=地図
※地図の位置はお堂付近であることにご注意ください。

34番札所 養性寺

葛飾坂東のお参りもいよいよ大団円である。車を南に走らせ、34番札所の養性寺さまに向かう。近くにある地区の施設が駐車場になっており、そちらに車を止めてお参りする。路地の先にお堂があり、札所本尊の十一面観世音菩薩が祀られている。

無事に結願できたことを感謝しながらお勤めをさせていただく。御開帳の伝統を守る地域の方の優しい心にも触れ、気分を新たにすることができたお参りだった。霊場会の公式サイトによると期間中にお参りされた方は延べ3万人にも達したようで、首都圏のローカル霊場としてはかなり大きな部類に入る筈だ。12年後の御開帳には、再びお参りさせていただこうと思っている。
(真言宗豊山派 茨城県古河市恩名2362=地図


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは管理人の承認後に表示されます。時間がかかることがありますが、ご了承ください。