御開帳情報

【御開帳情報】町田市・箭幹八幡宮は来月14・15日

寺社巡礼 御開帳情報 日記

東京都町田市にある箭幹(やがら)八幡宮さまで、来月14、15日の両日に33年に1度の本開帳が行われるそうです。
開帳告知サイトはこちらから。

首都圏でもお宮さんの開帳はたまに耳にしますが、ネットなどで告知される例は少ないのではないでしょうか。桜美林大学の近くにあるお宮さんで比較的交通の便もよく、開帳期間中は多くの人が訪れるのではないでしょうか。

【御開帳情報】宇都宮・萬松寺で来月28日から

寺社巡礼 御開帳情報 日記

宇都宮市にある曹洞宗・萬松寺さまの公式サイトによると、こちらのお寺に祀られている延命安産子育地蔵尊が、来月28日から開帳されるようです。
(開帳案内はこちらから)

お地蔵様が開帳されるのは62年に1度の由で、私が生きている間にはたぶんこれ1回だけ。御開帳の期間も来年8月24日までと長いので、一度足を運びたいと思っています。

【御開帳情報】石打こぶ観音は来年5月に開帳

御開帳情報 日記 観音霊場 霊場巡礼

「(石打)こぶ観音」の通称で知られる、群馬県邑楽町の曹洞宗明言寺さまで、来年(2014年)の5月17、18日の両日、ご本尊の千手観音像が開帳されます。

明言寺さま公式サイトの開帳告知はこちらから。

こちらの観音様は安産や子育て、こぶ取りなどの霊験で知られ、毎月17日の縁日には、地元はもちろん、埼玉県などからも多くの参詣者が訪れます。
群馬県内は今でも巡礼可能なローカル霊場が多く、明言寺さまは新上州三十三観音の10番札所になっています。また、こちらのお寺のすぐ近くにある谷中観音堂は東上州三十三観音の9番札所になっており、こちらも通年の巡礼・納経が可能です。
御開帳を契機に、地域の観音霊場への関心が高まるとよいのですが…。

【さいたま市新秩父霊場】来年の春彼岸に御開帳です

寺社巡礼 御開帳情報 観音霊場 霊場巡礼

さいたま市内に札所が点在する新秩父霊場について、当ブログをご覧になった何人かの方からご教示をいただきました。
御開帳は春彼岸の辺りの1週間が恒例となっているようです。

この地域には円空仏を祀る寺院や仏堂が多く、その点でもお参りが楽しみ…。

【坂東三十三観音】来年に特別巡礼を実施

坂東三十三観音 寺社巡礼 御開帳情報 日記 観音霊場 霊場巡礼

坂東三十三観音の札所会公式サイトに、午歳に当たる来年、特別巡礼を行う旨の告知が出た。来年の5月27日には法要が行われ、各札所で御開帳などの行事も行われるそうだ。

どのような行事になるのかはちょっと分からないが、情報が入り次第このサイトでもご紹介ができればと思う。

【三浦三十三観音】来年春に御開帳です

寺社巡礼 御開帳情報 日記 観音霊場

神奈川県の三浦半島全域に札所が点在する「三浦三十三観音」で、来年の春に午歳総開帳が行われます。

札所のお寺様のページなどによると、御開帳の期間は4月18日から5月18日までとするのが習わしのようですが、曜日の並びなどの関係で変更があるかもしれません。詳細は追ってお知らせします。

【多摩川観音霊場】来年ご開帳です

寺社巡礼 御開帳情報 日記 観音霊場 霊場巡礼

「せきど観音」の名で知られる、東京都多摩市の真言宗豊山派・観音寺さまの公式サイトによると、東京都の多摩地域などに札所が点在する「多摩川観音霊場」で来年(2014年)に総開帳が行われるようです。

詳細が分かり次第、改めてお伝えします。

【秩父霊場】来年3~11月に午年総開帳

寺社巡礼 御開帳情報 霊場巡礼

来年は午年に当たり、各地の観音霊場で午年開帳が行われる。

秩父霊場では、来年の3月1日から11月18日まで午年総開帳を行い、特製散華などの授与を行う由。

平成26年の秩父札所観音霊場の総開帳について(FaceBook)

県内のローカル観音霊場でも春を中心に総開帳があるはずで、情報が入り次第このブログでもお伝えしようと思う。

【山梨・大善寺】10月に本尊・薬師如来が御開帳

御開帳情報 日記

「ぶどう寺」、「葡萄薬師」の愛称で知られる山梨県甲州市の大善寺さま(真言宗智山派)で、今年10月1~8日に本尊・薬師如来の御開帳が行われる由。

大善寺さま公式サイトはこちら

こちらのお寺は別法人としてワイナリーも経営されていて、拝観とワイン試飲のセット券もあるようだ。お寺とワインの組み合わせが、ちょっと面白い。
お参りできたら、お土産に買って帰るか…。

五島八十八ケ所1番札所で秘仏が特別開帳

御開帳情報 日記

帰宅してネットでいろいろと調べ物をしていたら、偶然にもこんな記事を見つけた。

「100年に一度の秘仏」公開(読売新聞=魚拓)

長崎県は五島列島にある明星院さま(高野山真言宗)が、御住職の晋山式をきっかけに本尊の虚空蔵菩薩をはじめとする仏像の特別開帳に踏み切られた由。年内いっぱいまで開帳を続けるそうだ。

明星院さまは、五島八十八ケ所の一番札所を務められている歴史あるお寺。五島八十八ケ所は、いわゆる島遍路としては多分日本最西端にあたり、納経帳なども整備されて通年のお参りが可能という。打ち始めに秘仏を拝めるというのは、何と有難いことだろうか。

< 3 4 5 6 7 8 9 >