足立坂東三十三観音

足立坂東観音めぐり(4)

お出かけ 寺社巡礼 御朱印 日記 観音霊場 足立坂東三十三観音

午後もいい時間になってきたが、見沼田んぼ周辺の足立坂東観音札所巡りを続ける。

 

20090405_adachi29_1
札所29番 功得山慈眼寺観音院

真乗院から車をさらに南へ進め、鳩ケ谷市にある札所29番の慈眼寺に向かう。入り口が分かりにくく、周囲をウロウロしてしまう。

慈眼寺は真言宗智山派のお寺で、本尊は十一面観世音菩薩。現在は同じ宗派の地蔵院に合寺され、その観音堂として扱われている。

駐車場に車を入れて境内に入ると、「葬儀式場」を示す大きな立て看板が目に飛び込んでくる。観音堂に隣接する葬祭ホールでは、葬儀社や喪家の方が慌しく準備中。江戸観音巡りで放生寺にお参りしたときと同じ展開で、不安がよぎる。ダメなら日を改めようと観音堂へおじゃますると、御開帳は通常通りするのでお参りしてくださいとのこと。御厚意に甘えて本尊の前でお勤めさせていただく。観音さまは等身より少し大きい堂々たるもので、彩色されている。何でも以前火災に遭い、その修復時に彩色されたのだとか。

観音堂の上は仏教美術館になっていて、仏像や仏画などが多数展示されている。こちらも御厚意に甘えて、見せていただくことにした。いろいろな仏教美術が集められていて一言では言い表せないが、私の目を引いたのは、中国やベトナムの観音さまのコレクション。さすがに中国の観音さまは日本のそれと同じようなお顔をしているが、ベトナムの観音さまはずいぶんと柔らかな表情。国民性の違いが観音さまの表情にも表れるのか。
仏教美術館は日曜日の午後に開館。事前に地蔵院へ問い合わせてから訪問を。

なお、お葬式の準備中だったため慈眼寺では写真を撮影していない。後日改めて写真を撮ってこようと思う。

【御詠歌】ありがたや このうらでらに ほのみえて
                             ぐせいにはやく のりのをいかぜ

(2009年4月5日巡礼=鳩ケ谷市桜町5-5-39 地蔵院内)
※慈眼寺の地図はこちら

 

20090405_adachi32
札所32番 前川観音観福寺

目指す方向を西に変え、川口にある札所32番の観福寺に向かう。

こちらは「前川観音」の通称で親しまれる、真言宗智山派のお寺。本尊は千手観世音菩薩。
開基は平家の嫡流・平維盛の長子六大丸(六代)。現在の静岡県沼津市にあたる千本松原での処刑を免れ、川口の地に草庵を結んでこの地で生涯を終えたとの言い伝えが残る。

山門を入るとすぐに観音堂が見えるが、大回りするように順路が指定されている。その通りに進むと、本堂のすぐ前に回向柱が建てられ、長い善の綱が観音さまとのご縁を結んでいる。
近所の人が近道してお参りしようとすると、「折角苦労して角塔婆建てたんだから、ちゃんと順路通りお参りしてよ」と世話役の檀家の人に突っ込まれていた(笑)。

堂内でお勤めを終え、内陣を出ようとすると、お揃いの半袈裟をまとった30人ほどの団体とすれ違う。法衣姿の僧侶の方3人がお先達を務めているようだ。
全員が内陣に入ると、太鼓を鳴らしながら全員で観音経の読経が始まる。ものすごい迫力だ。聞けば、足立坂東の札所12番・沼影観音の講による団体参拝で、足立坂東のお札所では結構有名という。びっくりしたのは、講中に金髪・革ジャン姿の「どちらのロックバンドの方ですか」と聞きたくなるような、20代と思しき男性の姿があったこと。この男性も一心に観音経を唱えていた。若い人でも、信心深い人がいるんだなと驚く。

内緒だが、沼影観音一行のお先達の一人だったうら若き尼僧の方は、はっとするような美人。こういうところに目がいくあたり、私はまだまだ煩悩の塊のようである(笑)。御詠歌が意味深だ…。

【御詠歌】ふだらくの たきつながれの みづはやく
                                         こゝろのあかを すゝぐまへかわ

(2009年4月5日巡礼=川口市前川4-30-13)
※観福寺の地図はこちら

 

20090405_adachi20
札所20番 金亀山三学院極楽寺

御開帳終了時間の午後5時まではまだ間があるので、蕨市内のお札所にもお参りする。

札所20番の三学院は真言宗智山派のお寺で、本尊は十一面観世音菩薩。蕨市は全国で最も面積が小さい部類の自治体に入るのだが、それとは逆に三学院は境内が広く幼稚園も併設されていて、伽藍も堂々としている。建築中の阿弥陀堂も立派なもの。

こちらは有住寺院なので、前日にも一度訪れている。その時は明日にしてほしいとのことで、この日に再訪した次第。で、長屋門をくぐって「御開帳入口」の張り紙がしてある本堂を目指すと、前日に庫裏の場所を教えていただいた普段は授香所にいるらしい女性が、「あっ、昨日の御開帳の朱印の人」と、大声で手招きしてくださる(笑)。こういうフレンドリーさ、何度も書くがローカル霊場でないと味わえない魅力だ。

本尊は高さ1.7メートルほどの、等身の大きなもの。平安時代の慈覚大師作とされる。「大きな観音さまですね」と声を掛けると、「ここのお寺は何でも大きなのが好きなんですよ。お金ないはずなのに」と、件の女性は納経所にいる若い僧侶の方を向いて大笑い。僧侶の方も苦笑いしておられた。言われてみると伽藍もそうだが境内の弘法大師像もほかのお寺の倍近くの大きさのような気がする。「裏に回るともっと大きな観音さまがありますよ」とのことで、教えられた通りに行ってみると、境内の一番奥に高さ7~8メートルにもなる平和観音が祀られている。戦争の犠牲者を祀る観音さまという。

帰り際、来年の4月に阿弥陀堂の落慶法要を行うのでぜひ来てほしいと言われる。その時はぜひお参りしなければ。

このお寺、古くは真言宗の檀林(学問所)に列せられ、現在は大学に通いながら修行に励む若い僧侶の学寮としても機能しているようだ。4月29日の花祭りでは、お稚児さんと僧侶がきらびやかな衣装に身を包んでパレードすることでも知られている。

【御詠歌】はなをみよ ついにこのみは ごくらくじ
                                   とそつのみねの あめのめぐみに

(2009年4月5日巡礼=蕨市北町3-2-4)
※三学院の地図はこちら

 

20090405_adachi21
札所21番 竜亀山無量寿寺三蔵院

まだ少し時間があるので、三学院近くの札所21番・三蔵院にもお参りする。

こちらも真言宗智山派のお寺で、本尊は正観世音菩薩で、行基作とする資料もある。日常の管理は地区の方が行い、仏事の際は三学院からお坊さんが来るようだ。三学院の末寺ということもあるのだろうか、立派な伽藍である。

お勤めをして朱印帳を差し出すと、ここでも「朱印帳をどこで買ったのか」という話になる。「鳩居堂で」と答えると、やはり「ああそうか」という顔をされる。ちなみに、私が知る限り両面使わずに35個の朱印が押せる、蛇腹式の朱印帳を扱っているのは鳩居堂でも銀座本店と池袋の東武百貨店内にある出店だけ。いつも使っている新丸ビル内の店には置いていないことのほうが多い。

時間が迫ってきたので、今回はここで打ち納め。三蔵院を出たところで道中に札所9番があったことを思い出したが、そちらは駅から近い札所なので次回にする。

【御詠歌】あのくたら ぼだいのたまを みつのくら
                                  つきずくちせぬ たからなりけり

(2009年4月5日巡礼=蕨市中央2-30-10)
※三蔵院の地図はこちら

足立坂東観音めぐり(3)

お出かけ 寺社巡礼 御朱印 日記 観音霊場 足立坂東三十三観音 霊場巡礼

4月5日巡礼分の続き。欲を出してはいけないことは重々承知しているが、頑張って回らないと御開帳期間内に全札所を回れない(笑)。

20090405_adachi6
札所6番 慈了山清泰寺

東浦和駅前を経由して、JR武蔵野線の北側にある札所6番の清泰寺へ。 何かイベントがあるらしく、駅周辺は結構な交通渋滞で、ちょっと焦る。

清泰寺は天台宗のお寺で、本尊は正観世音菩薩。区画整理が進んだ住宅街の一角にあって、境内はなかなかの広さ。葬儀などに使われるらしいモダンなホールと、いかにも田舎のお寺らしい佇まいの本堂の対比が面白い。
本堂では、まだ30代とお見受けした若い御住職と檀家の方が一緒になって、巡礼者への対応やお接待に当たっていた。ここでも、あちこちの札所巡りの話で盛り上がる。都内霊場のお札所でオフィスビル化が進んでいること、御住職は「昼間の人口がほとんどいない地域で、寺を維持するにはやむを得ないのでは」と話しておられた。確かに都心部では檀家は減る一方だろうし、墓地の増設もままならない。「限界集落」は山間部や離島に限った話ではないことを改めて実感する。

お昼はたまたま見つけた、近くの「カフェレノン」という店で取る。ジョン・レノンのグッズがいっぱいのお店で、ファンにはたまらないお店だろう。700円のブランチセットは、喫茶店とは思えないボリュームで、お勧め。

【御詠歌】てるつきに さゞなみきよく たいらかに
                       うろくずまでも うかぶみずうみ

(2009年4月5日巡礼=さいたま市緑区東浦和5-18-9)
※清泰寺の地図はこちら

 

20090405_adachibangaihaccho
番外札所 八丁観音寺

番外札所の八丁観音寺は、清泰寺から車で数分の距離。
見沼田んぼに半島のように突き出した微高地の上にあり、前を通る県道は乗用車同士のすれ違いにも気を使う狭さ。おまけにこの日はJR東日本主催の「駅からハイキング」が周辺で行われていて、車を止める場所を探すのに一苦労。お札所から300メートル近く離れた場所に駐車余地を見つけ、駐車禁止のステッカーを張られぬように走ってお札所まで移動する(笑)。

お札所の名前は「八丁観音寺」だが、実質的には地区の集会所兼用のお堂。その内部に本尊の聖観世音菩薩が祀られている。
お堂の中では、地区の女性らが御詠歌のおさらいの真っ最中。その手を休めてお接待をしてくださり、何か申し訳ない気分。その女性、「もう足腰がしんどくなる歳なのに、初めて御詠歌を教わっているの」と屈託ない笑顔で教えてくれる。観音さまを祀る祭壇に掛けられている布は、あの「ミッフィー」柄のもの。平成14年と書かれていたから、前回総開帳の時に作られたものか。元気な女性や可愛いウサギ柄の飾りに囲まれて、観音さまも楽しそうである。

JRのハイキング参加者で、興味深そうに御開帳の様子を眺める人が結構いる。ほかのお札所にもお参りしてくれれば良いのだが。

【御詠歌】まつのこと たきのつゞみは あふまぎの
                           もりはさながら ふだらくのみね

(2009年4月5日巡礼=さいたま市緑区大間木1907)
※八丁観音堂の地図はこちら

 

20090405_adachi31
札所31番 木揃堂

見沼田んぼの縁を南に下り、札所31番の木揃(きぞろ)堂へ。再び川口市地籍になるが、この辺りは行政界が複雑に入り組んでいて、道を誤りやすい。「五軒茶屋」という飲み屋が札所への目印になる。

木揃堂はその地籍から「木曽呂堂」と書かれることもある、地区管理のお堂。札元発行のパンフレットだと真言宗豊山派とあるが、これはお別当の寺院のことだろう。本尊は十一面観世音菩薩。
お堂の大きさは、足立坂東のお札所の中では一番小さいだろう。地区のお年寄り3人が堂守をされていたが、その中に入って私がお勤めをすると、内部はもう狭く感じる。

こちらの観音さまは、総高60~70センチはあろうかという、結構な大きさ。お勤めを終えて御朱印を頂く時、堂守の方が問わず語りに「お堂と観音さまの釣り合いが取れていないとよく言われる」と話すので、「浅草の観音さまの絶対秘仏の御本尊は高さ1寸8分(約5センチ)だし、お堂や観音さまの大きさと御利益は関係ないと思いますよ」と答えると、堂守さんは大きく頷かれて観音さまの縁起を話してくださった。何でも、お札所の本尊の観音さまは地区の氏神だった氷川神社(現在は別の神社に合祀)に祀られていたもので、明治維新のときの廃仏毀釈の波をかいくぐり、このお堂に安置されるようになったものという。堂々たるお姿も、かつて氷川社に祀られていたと聞けば納得。立派な観音さまをわずか数十センチの距離で心行くまで眺められるのは、ローカル霊場巡礼の大きな醍醐味だ。
「いつまでも観音さまを大切にしてください。次の総開帳(2014年)にも必ずお参りさせてもらいます」と再訪を誓い、札所を後にする。

【御詠歌】かをりくる はなのきぞろの しづかぜに
                     ふりしくにはの じょうどなるらん

(2009年4月5日巡礼=川口市木曽呂269)
※木揃堂の地図はこちら

 

20090405_adachi30
札所30番 長久山真乗院真福寺

木揃堂からさらに車を南に進め、札所30番の真乗院へ向かう。

こちらは真言宗智山派のお寺で、札所本尊は聖観世音菩薩(お寺の本尊は不動明王)。すぐそばには東京外環自動車道が通っているが、鬱蒼とした境内は静かそのもの。

広い本堂の右側に観音さまが祀られていて、その前でお勤め。
こちらでは御住職が自ら納経などの対応などをして下さった。本尊の観音さまは行基作と伝えられる。本堂の前にそびえ立つ高さ18メートルの立派なコウヤマキとともに、このお寺の伝統を物語る。

【御詠歌】われながら をもくおぼゆる つみとがを
                              のりのちからに かろきいしがみ

(2009年4月5日巡礼=川口市石神1253)
※真乗院の地図はこちら

 

(2009年4月5日巡礼分続く)

足立坂東観音めぐり(2)

お出かけ 寺社巡礼 御朱印 日記 観音霊場 足立坂東三十三観音 霊場巡礼

5日の日曜日は、足立坂東観音霊場の御開帳の初日。この日は、見沼田んぼ周辺のお札所を中心に回る。

この辺りは公共交通が不便で、あったとしてもJRや地下鉄(埼玉高速鉄道)の駅に向かうものが大半。観音さま巡礼に使えるものではなく、今回は車を使って回る。また、限られた時間で効率よく回るため、巡礼コースはできるだけ一筆書きになるように組んだ。そのため、札所番号順になっていないことをお断りしておく。

 

20090405_adachi3_1
札所3番 富岡山瑞岸寺

さすがに日曜日の朝は道が空いている。裏道を使わずに国道17号を南下してJR浦和駅に近い札所3番の瑞岸寺に向かうが、家を出てからちょうど1時間で着いた。

瑞岸寺は、「本太観音堂」の通称で知られる天台宗のお堂で、本尊は聖観世音菩薩。現在は無住で、近くにある延命寺の境外仏堂扱いのようだ。周囲の掲示物もすべて延命寺名義である。

こちらの本尊は、さいたま市の指定有形文化財になっている。総高65.7センチの玉眼入り寄木造で、南北朝時代の作とされる。また、1840(天保11)年のものなど3枚の連経講(観音講)絵馬も、同様に文化財指定されている。

残念だったのは、瑞岸寺は今回の中開帳を「辞退」していることだ。御朱印の対応もなし。従って境内には回向柱や善の綱もないし、御開帳を知らせるポスターさえ見当たらない。本堂の扉は固く閉ざされていて、お賽銭を入れるようにガラスを切ってある所から中を覗くと、お堂の内部は前回2002年の総開帳の時のままのようで、御詠歌を書いた紙が、やや変色した状態で張られていた。燭台には途中で消された蝋燭が付いたままになっている。扁額の隅に小さく書かれた「足立坂東三番」の文字だけが、ここが観音札所であることを示している。

ある札所で、3番の開帳辞退について「高齢化で堂守の人手のやりくりがつかなかったようだ」とも聞いたが、瑞岸寺は浦和周辺に住む人にとって足立坂東の第一印象になる札所である。何より、御開帳は干支が一回りする間に2回しかない、観音さまとご縁を結ぶ貴重な機会。堂守の人手のやりくりがつかなかったのが事実としても、お別当の延命寺では御開帳終了の翌日にジャズ奏者の坂田明氏らを招いて盛大に花祭りの法要を行うのだから、書き置き朱印やごく限られた時間などの開帳など、違った対応ができたのではないかと残念でならない。
ボランティア的な観音講を作って、そちらが対応するわけにはいかないか。私は喜んで参加する。

【御詠歌】うへてみよ とみをかやまのふじがえも
                                             はなのうてなは むらさきのくも

(2009年4月5日巡礼=さいたま市浦和区本太2-23-5)
※瑞岸寺の地図はこちら

 

20090405_adachi5
札所5番 馬場観音堂

気を取り直して、札所5番の馬場観音堂に向けて車のハンドルを握る。駒場スタジアムの近くを通って、札所3番からは車で15分ほどか。区画整理が進んだ、住宅と農地が混在する一角にある。

馬場観音堂は、「三室堂」の通称で親しまれるお堂。一応天台宗に属しているが、実質は地区で管理する集会所兼用のお堂で、本尊の聖観世音菩薩はその一角に祀られている。

お伺いすると、別当寺の御住職による開帳法要がちょうど終わったところで、地区の方々と御住職が一緒になって内部の飾り付けを直されていた。前回の御開帳から7年が経つわけで、当時の記憶が薄れてしまっていてもやむを得まい。御朱印は私が第1号のようで、「やり方を教えてほしい」と言われ、御住職に確認しながら墨書のゴム印と札所番号の朱印を押す。本来あるはずの「御宝印」が見当たらず、菱形の札所番号印を中央に押す。以前、火災に遭った時に焼けてしまい、その後は御宝印を作らなかったらしい。

【御詠歌】こよいしも しんによのつきを みむろどう
                                                               くもゝさはりも はらふあきかぜ

(2009年4月5日巡礼=さいたま市緑区馬場2-38-3)
※馬場観音堂の地図はこちら

 

20090405_adachi4
札所4番 太田窪山普門寺

馬場観音堂から南に下り、札所4番の普門寺に向かう。浦和競馬場の真裏にあたる奥まった場所にあるが、見当をつけて適当に街道から路地に入ると、程なく札所への道案内があった。私のような余所者の巡礼者にとって、何よりありがたいお接待である。

太田窪(だいたくぼ)山普門寺は地区で管理するお堂で、本尊は千手観世音菩薩。
こちらでは、これまでの札所で見かけなかった札所の案内図やガイドブック、御詠歌集などを扱っていた。いい機会なので、一揃い求める。特に御詠歌集は、その後の巡礼で重宝した。

御朱印を頂くとき、集印帳をどこで求めたか尋ねられる。今回も例によって鳩居堂で求めた品を使っているのでその旨伝えると、「やはりあそこしかないんですかね」という言葉が返ってきた。無地の朱印帳で片面だけで三十三観音の集印ができる品、私が知る限り都内で扱うのは鳩居堂の限られた一部の店だけのはず。できればお札元で専用の品を授与していただけるとありがたいのだが…。

【御詠歌】なでしこの ながめにあかぬ だいたくぼ
       しめじがはらを めぐむちゝはゝ

(2009年4月5日巡礼=さいたま市南区太田窪4-9-10)
※普門寺の地図はこちら

 

20090405_adachi8
札所8番 福聚院

普門寺からさらに南に下り、8番札所の福聚院に向かう。こちらも地区で管理する集会所兼用のお堂で、本尊は正観世音菩薩。

福聚院は、馬場観音と比べるといくらかお堂らしい外観。内部は集会所としての使用を中心に考えて作られているようで、一番奥まった場所に観音さまが祀られている。こちらの札所ではお姿を頂くことができる。

【御詠歌】うどんげの みのりにいまぞ をゝやぐち
            ゆうもおろかや だいじだいひを

(2009年4月5日巡礼=さいたま市南区大谷口2295-1)
※福聚院の地図はこちら

 

20090405_adachi7
札所7番 観音院

札所7番の観音院は川口市の柳崎地籍になるが、福聚院からは車ですぐだ。

こちらは天台宗のお寺で、本尊は正観世音菩薩。入り口には「子安観世音霊場」の大きな看板が掛かる。安産や子育てに御利益のある観音さまのようである。周辺に植えられている桜は見事な花を咲かせている。

本堂でお勤めや御朱印を済ませると、檀家の方に階下の客殿に案内されてお接待。お漬物や茶菓でもてなして頂き、恐縮である。お勤めの時に御詠歌を唱えていたことから、「どこかの講に入っているのか」と尋ねられる。こちらのお寺は御詠歌の講が盛んで、御住職の奥様は天台宗ではかなり名を知られた、御詠歌の師範だという。客殿では江戸三十三観音など、あちこちの霊場巡りの話で盛り上がった。こういう触れ合いができるのが、ローカル霊場の醍醐味の一つ。メジャーな霊場ではなかなかこういう体験はできないはずだ。

【御詠歌】はるさめに いとくりかへす やなぎざき
        ながきめぐみを むすぶたのもし

(2009年4月5日巡礼=川口市柳崎4-11-30)
※観音院の地図はこちら

(4月5日巡礼分続く)

足立坂東観音めぐり(1)

お出かけ 寺社巡礼 御朱印 日記 観音霊場 足立坂東三十三観音 霊場巡礼

4月の5~11日に中開帳が行われる、さいたま市とその周辺に札所が広がる「足立坂東観音霊場」にお参りすることにした。

この霊場の存在を知ったのは、たまたまお参りした近所のお寺の観音堂に「足立坂東観音札所」の看板が掲げられているのを見たのがきっかけ。その時は御住職の奥様に「午年の御開帳の時でないと納経が受けられない」と伺ったのだが、ネットで調べるとこの霊場、いろいろと面白い点がある。

まず、同じ県内で巡礼路が異なる霊場に同じ名前が付けられていること。そう、「足立坂東観音霊場」は、埼玉県内に2カ所あるのである。

一つは、桶川市の古刹・知足院を1番札所に、JR高崎線やニューシャトル(埼玉新都市交通)の沿線を回ってさいたま市北区の満福寺を33番札所にするもので、1702(元禄15)年の開創とされる。こちらの札元は知足院。
もう一つは、その満福寺を1番札所に、蕨市の定正寺を33番札所にする番外2カ寺を含む35のお寺からなる巡礼路で、こちらは1705(宝永2)年の開創とされる。後者の札元は定正寺。

で、ここまで書くとお分かりだろうが「同じ名前の異なる霊場」で、両方の札所を兼ねているお寺があるのも面白い。ちなみに、私がたまたま発見した「足立坂東」は前者の知足院が札元の方で、今回お参りするのは後者の定正寺が札元の方である。

この足立坂東観音霊場、さいたま市とその周辺に札所が点在している(札所一覧と地図はこちら)。ご開帳は午年の本開帳と丑年の中開帳である。この辺の観音霊場や薬師霊場は地区で管理しているお堂が札所になっているケースが多く、この機会を逃すと次の御開帳までお参りできないケースも考えられる。このチャンスにぜひ回っておきたいと考え、正確な御開帳期間の把握など準備を進めた。

 

20090329_adachibandou1
札所1番 楽邦山満福寺

何はともあれ、せっかくの御開帳だし1番札所から回るのが筋というもの。ただし、御開帳期間中の休みは公休の2日間と有給1日が確保できたのみで、この3日間だけで番外を含め35ある札所を全部回るのは、これまでの巡礼の経験から考えるとかなり厳しいというか、まず不可能。そこで一計を案じ、前もって有住の札所をいくつかお参りすることにした。

札所1番の満福寺は地籍は日進町だが、公共交通機関で行くなら大宮からニューシャトルに乗って、鉄道博物館前で降りた方がいくらか便利かもしれない。こちらは真言宗智山派のお寺で、札所本尊(脇本尊)は正観世音菩薩である。ちなみにお寺の本尊は不動明王。

満福寺では本堂の大普請が始まっていて、現在は基礎がほぼ出来上がった段階。札所本尊の観音さまは京都の仏師へ修理に出しているとのことで、今回は御開帳を見合わせるとのこと。やむを得ないが、本堂の方を向いてお勤めをして、仮の本堂となっている庫裏で御朱印を頂く。

ここが2つの「足立坂東観音霊場」の札所を兼ねているのは、どうやら明治維新のときの廃仏毀釈に端を発しているらしい。これから回る方の足立坂東観音霊場の1番札所は、もともとは大宮氷川神社の別当だった観音寺で、観音寺が廃寺になる際、法縁(お寺の親戚)だった満福寺に本尊や札所をすべて移したことでこちらが札所1番を兼ねることになったようである。

工事中の境内には、当時の遺構と思われる石碑が無造作に積み上げられたりしている。それらを見ながら、当時に思いを馳せるのも一興だろう。

【御詠歌】ふだらくや ねがいもかなう まんぷくじ
                                  いつもたへせぬ のりのともしび

(2009年3月29日巡礼=さいたま市北区日進町2-1003)
※満福寺の地図はこちら

 

20090404_adachi10
札所10番 大谷場宝性寺

札所10番の宝性寺は、JR京浜東北線と武蔵野線が接続する交通の要衝、南浦和駅のすぐそばにあるお寺。京浜東北線などからはこのお寺の大きな看板が見えるので、ご存じの方も多いかもしれない。

こちらは真言宗智山派のお寺で、本尊は聖観世音菩薩。本堂には足立坂東観音のほか、お不動様や新四国霊場の扁額が掛かる。大きいとはいえないお堂だが、いろいろと由緒深いお寺のようである。
寺務所で御開帳の準備をされていた御住職が、仕事の手を休めて対応をしてくださった。有難い限りである。

【御詠歌】しらまゆみ かりにいるみの やばやぐも
                          おぼへずあたる のりのおしへに

(2009年4月4日巡礼=さいたま市南区南本町2-13-4)
※宝性寺の地図はこちら

 

20090404_adachi23
札所23番 無動山妙智院観音寺

南浦和から赤羽経由で、札所23番観音寺最寄りのJR埼京線の北赤羽駅に向かう。目指す観音寺へは、北赤羽駅の浮間口から歩いて10分ほどか。

こちらは足立坂東霊場で、唯一東京都内にある札所。といっても、もともとこの辺りは現在の埼玉県に属していたらしいから、足立坂東の札所に名を連ねていても当然か。真言宗智山派のお寺で、札所本尊の聖観世音菩薩は独立した観音堂に祀られている(お寺の本尊は不動明王)。

観音堂の前には回向柱が建てられ、善の綱が既に結ばれていた。境内入り口にある桜が見事。

【御詠歌】きようまでは たびのかりねの うきまくら
                               かねにめざめて かへるふるさと

(2009年4月4日巡礼=東京都北区浮間4-9-2)
※観音寺の地図はこちら

 

20090404_adachibangai1
番外札所 園通山法福寺

一度赤羽に戻り、国際興業バスで鳩ケ谷へ。番外札所の法福寺に向かう。やや分かりにくい場所にあるが、サミットストアを目印にすると良い。

こちらは真言宗智山派のお寺で、本尊は十一面観世音菩薩。こちらも回向柱が建ち、受け入れ準備は万端のようだ。突然の参拝に対応してくださった御住職夫妻、道順のことをしきりに気にされていた。こちらは札所巡りに最適な地図を持ち歩いている旨を伝えると、ひと安心された様子。
こちらも境内の桜が見事。帰りにはお供物も頂き、恐縮する。

【御詠歌】やまざとを めぐりたづねて ゆきみれば
                         のりのふくじゆに しらたきのおと

(2009年4月4日巡礼=鳩ケ谷市里1577)
※法福寺の地図はこちら

 

20090404_adachi28
札所28番 鳩井山千手院

やや日が傾き始めたが、頑張ってもう一つ回る。札所28番の千手院は、草加市との境に程近い場所にある。この霊場唯一の曹洞宗のお寺で、本尊は千手観世音菩薩。

山門の扉は閉まっていたが、その脇から出入りできるようになっていたので、本堂の前でお勤めする。庫裏では御住職の息子さんだろうか、若い僧侶の方が対応してくださった。
山門の脇には足立坂東札所であることを示す石柱が立っている。

なお、この札所は細い路地の奥まったところにあり、自動車での参拝は困難。路上駐車は近所の方の迷惑になるので厳禁だ。近くの商店街にあるコインパーキングなどを利用するか、バスでの訪問をお勧めする。

【御詠歌】はらみつの かいのはかりに はとがやの
                             とびたつほどに おもへだいひを

(2009年4月4日巡礼=鳩ケ谷市坂下2-15-5)
※千手院の地図はこちら

————————

各札所の所在地は定正寺発行の「足立坂東観音霊場巡拝案内図」に、御詠歌は同「足立坂東順礼歌」に準拠している。

ぜいたくな悩み(笑)

七福神 寺社巡礼 日記 観音霊場 足立坂東三十三観音

東京都心部では昨日、早々と桜の開花宣言。どうも各地とも大幅に桜の開花が早まりそうだ。
ここ数年、花見の時期には長野県の高遠に出掛けるのを常にしているので、気象台の参考情報を見ると…昨年より1週間、平年に比べると2週間近く早い、4月2日の開花予想。

ありゃりゃ…ダブルブッキングだ
というのも、来月の5~11日は、さいたま市周辺の巡礼路「足立坂東三十三観音」の中開帳なんである。名前から察しがつく通り、坂東三十三観音の「うつし霊場」なのだが、江戸や本家坂東と違って、こちらは大半の札所が地区で管理する観音堂。御開帳期間でないとお参りすらできない札所がある可能性も否定できない…。こちらの三十三観音の御開帳は午年の「総開帳」と丑年の「中開帳」だけ。したがって今回の機会を逃すと次のチャンスは5年後ということになる。この機会にぜひお参りしたい。

というわけで、今年は高遠へのお花見は中止。お花見の時は木曽七福神伊那七福神にもお参りしたかったのだが、こちらはまたの機会ということか。木曽や伊那の七福神は御住職の法話など独自のお接待があるようで、いつか訪ねたい。

< 1 2