足立坂東観音めぐり(5)

お出かけ 寺社巡礼 御朱印 日記 観音霊場 足立坂東三十三観音 霊場巡礼

7日の火曜日は、有給休暇を取って足立坂東三十三観音巡りの続きに出掛ける。土曜日と日曜日だけじゃ、番外さんを含め35札所はとても回れないw
今回は、JR埼京線沿いのお札所を回るが、公共交通機関の関係からマイカー巡礼にした。

 

20090407_adachi13
札所13番 寶栄山如意輪寺

ちょっと朝寝坊してしまい出発が遅れる。平日だし裏道を使ったが、家から札所13番の如意輪寺までは車で1時間40分ほどかかった。ここの札所は駐車スペースがなく、数百メートル離れたダイエーのコインパーキングに車を止めてお参りする。

札所13番の如意輪寺は、「田島観音」の通称で知られる。お札元発行のガイドブックには真言宗智山派の寺とあるが、実際には地区で管理しているお堂のようだ。お寺の名前からも察しがつくだろうが、本尊は如意輪観世音菩薩。

境内は結構広く、参道沿いに吊るされている「開扉」と書かれた赤い提灯が巡礼者を迎えてくれる。境内の奥には鐘楼があり、ちゃんと鐘が吊るされている。除夜の鐘をつくことができるのだろうか。境内には集会所もあって、文字通り地域の拠り所となっているようである。

私がお勤めを済ませるのと入れ違いに、札所9番・二ツ堂の講の皆さんが20人以上で参拝に訪れる。お揃いの手拭いを半袈裟のように下げて、なかなか粋である。

【御詠歌】みわたせば あきのたじまの ほむしろに
                                         しくものもなき のりのにはかな

(2009年4月7日巡礼=さいたま市桜区田島3-28-9)
※如意輪寺の地図はこちら

 

20090407_adachi14_1
札所14番 四谷観音寺

車を止めたダイエーの駐車場から南に下り、札所14番の四谷観音寺に向かう。こちらは境内に車を止めることができた。田島観音からは歩いても10分ほどの距離である。

四谷観音寺は一応真言宗智山派に属するが、田島観音と同じく地区で管理するお堂。本尊は聖観世音菩薩。
お堂でお勤めしようとすると…般若心経の経本がない。どうやら田島観音に忘れてきたようだ。以前浅草寺で頂いた、十句観音経を唱えるのに使う経本に般若心経も載っているので、とりあえずそちらを使う。

お勤めを済ませると、先ほどの二ツ堂の講の皆さんがやってきた。年配の女性が私を見つけて、田島観音で経本を預かっていただいていることを教えてくれる。恥ずかしい限りだが、心配りに多謝。

20090407_adachi14_2
こちらのお堂も参道沿いに提灯が飾られているが、地区の方の手書きの絵と言葉が面白く、思わず見入ってしまう。

【御詠歌】うまれくる しなのよつやは ありぬとも
                                   ひとつはらすに のりのみちかな

(2009年4月7日巡礼=さいたま市南区四谷3-7)
※四谷観音寺の地図はこちら

 

20090407_adachi12
札所12番 鶴住山広田寺観音堂

般若心経の経本を受け取りに田島観音へ寄ってから、札所12番の広田寺に向かう。四谷観音からは歩いて10分足らずである。こちらでは、札所に隣接する自治会館に車を止めさせていただく。

広田寺は「沼影観音」の通称で知られる、地区管理のお堂。本尊は聖観世音菩薩で、天台宗のお寺が別当を務められているようだ。

境内が児童公園になっていて、子どもたちが元気いっぱいに遊んでいる。時折訪れる巡礼者を、不思議そうに見つめて親に尋ねている子どももいた。桜がちょうど満開。あまり知られていないようだが、観音堂の裏手には文殊菩薩がお祀りしてある。どうも由緒深いお寺のようだ。
札所23番・前川観音の項でも記したが、こちらのお札所は講がしっかりしていて、団体参拝も熱心な御様子だ。

【御詠歌】むつのなみ たつともまゝよ ぬまかげの
                                               にごりにしまぬ はすのうてなに

(2009年4月7日巡礼=さいたま市南区沼影1-6)
※広田寺の地図はこちら

 

20090407_adachi11
札所11番 白幡観音堂

沼影観音から南西に進み、札所11番の白幡観音堂に向かう。こちらは、中山道に面した札所である。沼影観音からは歩いて15分ほどか。バス停がすぐ目の前にあり、浦和方面から公共交通機関で巡礼するときは、浦和駅からこちらまでバスで来て、お参りを済ませたら田島観音までバスで行ったほうがいいかもしれない。

白幡観音堂は地区管理のお堂のようだが、真言宗豊山派に属している。本尊は聖観世音菩薩。
こちらの札所は周囲を高層住宅に囲まれ、お堂の周囲だけが昔の雰囲気を漂わせている。ここでも境内の桜が見事。

お堂の中では、本尊の聖観世音菩薩と並んで如意輪観世音菩薩も祀られていて、併せて御開帳されていた。堂守をされていた地区の方に如意輪観音を祀るようになった由来を尋ねたが、詳しいことは分からないという。

ご朱印にお姿を添えていただいた。ありがたい限りである。

【御詠歌】むかいとり たもうときには ありがたや
                                           みなみのそらに たまのしらはた

(2009年4月7日巡礼=さいたま市南区白幡4-14-25)
※白幡観音堂の地図はこちら

 

20090407_adachi15
札所15番 普門寺

白幡観音から、裏道を辿ってさいたま市と戸田市の境が入り組んだ地域にある札所15番の普門寺に向かう。

こちらは地区管理のお堂で、本尊は聖観世音菩薩。
お堂の中には、本尊を含め3体の観音さまが祀られている。堂守をされていた方に由来を伺うが、先ほどの白幡観音同様、詳しい縁起は分からないという。

こちらはお堂の横に庫裏のような建物があって、ちゃんと表札が出ている。無住の札所と伺っていたが、どうやらお留守番の人を置いているようだ。同じような形態のお札所は豊島八十八カ所にもいくつかあるようだが、物騒な御時世、無住のお堂でもこうした管理が望ましいのは言うまでもない。

お昼は近くにある、埼玉県民おなじみのファミレス「馬車道」で頂く。ハンバーグとコーンコロッケのランチだったが、なかなか美味。

【御詠歌】ただたのめ あまねくかどに しなじなを
                                        もらさでてらす ありあけのつき

(2009年4月7日巡礼=さいたま市南区内谷5-16-3)
※普門寺の地図はこちら

(2009年4月7日巡礼分続く)


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは管理人の承認後に表示されます。時間がかかることがありますが、ご了承ください。