御開帳情報

【御開帳情報】葛飾坂東観音は来年3月18日~4月17日

御開帳情報 日記 葛飾坂東三十三観音 観音霊場 霊場巡礼

このブログでも何度かご紹介している来春の葛飾坂東霊場の午年総開帳ですが、地元の方のブログによると、3月18日から4月17日までの日程で行われることが決まったそうです。霊場開創300年を記念した大開帳になるようで、公式サイトも設置される由。

葛飾坂東霊場公式サイトはこちら(本稿執筆時点では「準備中」表示)

詳細は随時お伝えします。

【御開帳情報】11月23、24日に足利市文化財一斉公開

御開帳情報 日記

妻から「栃木県の足利市に円空仏を祀るお寺があるらしい」と聞き、いろいろと調べていると、その足利市では年に1度、市を挙げて文化財の一斉公開をしているのが分かった。今年は来月23、24日の両日に行うようである。

足利の文化財一斉公開2013を開催します!(足利市公式サイト)

残念ながら円空仏を祀るお寺さまは今年は御開帳をしないようだが、結構な数の寺社で御開帳があるようである。足を運べるといいのだが。

【御開帳情報】飯能・福徳寺阿弥陀堂は11月14日

寺社巡礼 御開帳情報 日記 武蔵野三十三観音

武蔵野三十三観音の札所30番を務める、飯能市の福徳寺さま(臨済宗建長寺派)境内にある阿弥陀堂で、11月14日に定例の御開帳が行われるそうです。

こちらの阿弥陀堂に祀られているのは、一光三尊のいわゆる「善光寺如来」で、県の重要文化財にも指定されています。ただ、善光寺如来を祀る寺社でつくる「全国善光寺会」には加盟していないようです。観音霊場の御詠歌にも「阿弥陀尊」が詠まれています。

今年は県内で開かれている全国育樹祭に併せ、地域で催しもあるそうです。
「重要文化財福徳寺阿弥陀堂御開帳と西川林業地美林見学会」が開催されます。(埼玉県公式サイト)

ちょっと気になります。

【御開帳情報】武蔵国三十三観音は来年4月10~20日

御開帳情報 日記 観音霊場 霊場巡礼

以前ご紹介した埼玉県東南部(一部は東京都)に札所が点在する、「武蔵国三十三観音」の午年総開帳ですが、札所19番を務められている普門寺さま(真言宗豊山派、八潮市)の公式サイトや副住職さまのブログによると、来年4月10日から20日までの日程で行うことが決まったそうです。

普門寺さま公式サイトによる告知はこちら
副住職さまのブログによる告知はこちら

開帳時間は8時から17時までとのことです。

こちらの霊場には円空仏を本尊としている札所もあり、以前から御開帳を楽しみにしていました。ぜひお参りしようと思っています。ただこの時期は、浦和在の新秩父霊場をはじめとする近隣の観音霊場でも午年総開帳が行われるはずで、日程の重複がちょっと気がかりだったりします。

【御開帳情報】来年は旧鎌倉郡霊場の一部でも

寺社巡礼 御開帳情報 日記 観音霊場

現在の「鎌倉三十三観音」の基になったとされる、旧「鎌倉郡三十三観音」の札所寺院様の一部で、午年に当たる来年、御開帳が行われるようです。

広報よこはま・栄区版 平成21年1月号 道案内・健康レシピ(横浜市栄区公式サイト)

現在では札所も大きく変わっていますが、総開帳が行われているかどうかは不明です。お納経も難しい札所が多いのではないでしょうか。

現在の札所一覧はこちらから。

【御開帳情報】宮崎県宇納間地蔵尊は来年2月に

御開帳情報 日記

例によってネットを徘徊していると、宮崎県美郷町にある「宇納間(うなま)地蔵尊」で、来年2月22~24日の3日間、60年に1度の御開帳が行われるという情報を見つけた。

宇納間地蔵大祭(美郷町公式サイト)

こちらのお地蔵様は火伏に御利益があるとして知られており、大祭は年に数回開かれているようだが、御開帳は60年に1度と定められている由。お地蔵様の御開帳が午年に行われるのは、ちょっと珍しいかもしれない。

【御開帳情報】町田市・箭幹八幡宮は来月14・15日

寺社巡礼 御開帳情報 日記

東京都町田市にある箭幹(やがら)八幡宮さまで、来月14、15日の両日に33年に1度の本開帳が行われるそうです。
開帳告知サイトはこちらから。

首都圏でもお宮さんの開帳はたまに耳にしますが、ネットなどで告知される例は少ないのではないでしょうか。桜美林大学の近くにあるお宮さんで比較的交通の便もよく、開帳期間中は多くの人が訪れるのではないでしょうか。

【御開帳情報】宇都宮・萬松寺で来月28日から

寺社巡礼 御開帳情報 日記

宇都宮市にある曹洞宗・萬松寺さまの公式サイトによると、こちらのお寺に祀られている延命安産子育地蔵尊が、来月28日から開帳されるようです。
(開帳案内はこちらから)

お地蔵様が開帳されるのは62年に1度の由で、私が生きている間にはたぶんこれ1回だけ。御開帳の期間も来年8月24日までと長いので、一度足を運びたいと思っています。

【御開帳情報】石打こぶ観音は来年5月に開帳

御開帳情報 日記 観音霊場 霊場巡礼

「(石打)こぶ観音」の通称で知られる、群馬県邑楽町の曹洞宗明言寺さまで、来年(2014年)の5月17、18日の両日、ご本尊の千手観音像が開帳されます。

明言寺さま公式サイトの開帳告知はこちらから。

こちらの観音様は安産や子育て、こぶ取りなどの霊験で知られ、毎月17日の縁日には、地元はもちろん、埼玉県などからも多くの参詣者が訪れます。
群馬県内は今でも巡礼可能なローカル霊場が多く、明言寺さまは新上州三十三観音の10番札所になっています。また、こちらのお寺のすぐ近くにある谷中観音堂は東上州三十三観音の9番札所になっており、こちらも通年の巡礼・納経が可能です。
御開帳を契機に、地域の観音霊場への関心が高まるとよいのですが…。

【さいたま市新秩父霊場】来年の春彼岸に御開帳です

寺社巡礼 御開帳情報 観音霊場 霊場巡礼

さいたま市内に札所が点在する新秩父霊場について、当ブログをご覧になった何人かの方からご教示をいただきました。
御開帳は春彼岸の辺りの1週間が恒例となっているようです。

この地域には円空仏を祀る寺院や仏堂が多く、その点でもお参りが楽しみ…。

< 2 3 4 5 6 7 8 >